安全におしゃれを楽しもう!正しいカラコン選び

まずは眼科で処方箋を

カラコンは、今では気軽に買えるおしゃれアイテムです。でも、度が入っていなくても目に入れるものなので眼科の診察が必要です。目にまったく違和感がなく、健康そのものだから大丈夫、と思っていても、眼球に気づかない傷があったり、実はドライアイ気味だったりするかもしれません。そんな目でコンタクトレンズをつけたら、目の症状を悪化させてしまいます。まずは眼科で目に異常がないか診察してもらい、処方箋をもらってからコンタクトレンズを購入しましょう。


ちゃんとしたお店で買おう

コンタクトレンズは「高度医療機器」ですから、高度医療機器の販売を許可されたお店でしか扱えないアイテムです。ネットでは許可がないお店もあるようなので、ネットで買うようなときには特に注意が必要です。コンタクトレンズ自体も、医療機器としての商品番号をきちんと国からもらっている製品を買いましょう。許可されているということは安全性がある程度保証されているということですから、正しい使い方さえ守れば問題が起こることはありません。


まずは使い捨てから試してみるのもおすすめ

コンタクトレンズは洗浄や保存などに手間がかかるアイテムです。きちんと洗浄しないと最近が繁殖したりして、目に思わぬダメージを負わせることがあります。しっかり管理する自信がない人は、使い捨てのカラコンから始めてみるのもいいでしょう。コンタクトの状態には神経質なまでに気を遣い、もしも違和感を感じたらすぐに使用をやめ、眼科を受診しましょう。気軽なおしゃれアイテムだと思われがちですが、医療機器だということを忘れてはいけませんよ。



色がついていておしゃれに用いるコンタクトレンズのことをカラコンと言い、特に若い女性に人気を博しています。