失った歯を取り戻せる!インプラント治療とは

インプラントとは歯の再生術のひとつ

最近よく耳にするインプラント。インプラントとは、何らかの原因で失われてしまった歯を再生させる治療なんですよ。歯は、歯周病などの症状が進行すると、失われてしまうこともあります。そうなった場合、これまでは入れ歯を作って食べる機能を維持し続けるケースが多かったですよね。もちろん今でも入れ歯も効果的な方法ですが、インプラントも入れ歯と同じくらい普及しつつあるのですよ。ただし、状態によっては適応症とならないこともあります。


人工歯を顎に埋め込む治療

インプラントとは、平たく言うと失われた自分の歯の代わりに、人工歯を顎に埋め込む治療です。入れ歯の場合だと着脱が可能ですが、インプラントだと完全に固定されます。なので、人工歯でも自分の歯と同じような感覚で扱えるのですよ。堅いものでもバリバリ食べられますし、歯磨きだってゴシゴシ行えます。それに、健康を維持するためには顎を動かして自分の歯で噛んで食べることも重要です。インプラントだとほぼその感覚に近いのもメリットですよ。


人工歯の材料は主にチタン

人工歯を完全に埋め込んでしまうとなると、長く使い続けられる必要がありますよね。インプラント治療に使われる人工歯は、大半がチタン製のものです。チタンは人間の骨に馴染みやすく、顎に埋め込んだときに固定されやすいのが特徴です。それから、非常に丈夫な金属でもあり、繰り返し噛み続けても劣化する心配が少ないです。ただし、いくら丈夫な人工歯とはいえ、インプラント治療後に何らかの問題が出る可能性もあるので、経過観察は欠かせません。



東京ではインプラントや歯列矯正を専門としている審美歯科も多く、技術レベルの高い歯科も多数あります。その中でも、杉並区で行うインプラントは技術レベルが高いです。