豊胸手術に使用されるヒアルロン酸について紹介!

豊胸手術とはどういったものか!

豊胸手術は、胸を大きくすることができる手術なのですが、従来の方法ではシリコンを埋め込んで行っていました。持続性があり、半永久的に効果があるというメリットがありましたが、形が崩れやすかったり痛みを感じたりしていたのです。そこで、行われているのがヒアルロン酸を注入することによってできる豊胸手術です。期間は二年と、シリコンに比べると短いのですが、低吸収ヒアルロン酸を使用しているために、特に心配する必要はないようです。


ヒアルロン酸で豊胸手術を!

豊胸手術を行いたい時は、やはりヒアルロン酸で行うべきですね。というのも、ヒアルロン酸は体に優しい成分であり、豊胸手術で使用しても体に負担がかかることはないのです。女性ですと、そういった部分に人一倍敏感になってしまいますから、体に負担が掛からないだけでも十分ですよね。また、治療を行ったその日から効果を実感することができるために便利です。ヒアルロン酸は、形も自由に形成できますから、胸の形を形成することもできるのです。


低吸収ヒアルロン酸のメリット!

豊胸手術に使用されているヒアルロン酸は、低吸収ヒアルロン酸と呼ばれているものです。体に浸透しにくいヒアルロン酸なのですが、他には鼻の整形手術などに使用されることがあります。しかし、豊胸手術に関しては効果を持続させなければならないために、全く吸収しないようなヒアルロン酸を使用することがあります。体質によっては吸収しやすくなるために、持続する期間には個人差があるのです。数万円で約二年間効果が持続しますから、便利ですよ。



グリコサミノグリカンの一種にヒアルロン酸があり、へその緒や鶏の鶏冠などに多く含まれていることが知られています。